FC2ブログ

[2442] 3カ月離れたら鈍る、業界専門ライター

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

この間、久々に弁護士案件があったんですけど、かなりメケメケでした。
例えば、相続絡みの「寄与分」。その概念は思い出せるものの、コトバが出てこないんですよ。
「数値で表せるような貢献度合いのこと・・・なんでしたっけ、エート」
状態になってしまいました。

また、最近、相続の仕組み自体に法的な変更があったじゃないですか。
配偶者の「居住権」を重視する考え方というのか。
あれもよく理解できていないまま、現場へ臨んでしまいました。

自分では自信があったんだけどな。
最近、医業バッカやっていたもんで。すっかりサビついていました。
もちろん、表向きには問題ないですよ。
ただ、とっさのコトバが出ないことに、自分でも驚きました。

弁護士事務所イメージ
差し支えないところで、現場撮影の様子

そう考えると、今後、士業を請けるとき、過去実績の復習が必要になりそうですね。
税理士にしてもそう。
書面添付制度とセットで語られがちなリスト・・・あれ、何のリストでしたっけ。
「中小企業が順守すべき項目」みたいな内容なんですけど、ドンズバのコトバを忘れました。
あれ? ホントやばいな。
土地の評価が下がる基準、いろいろあるけど、3つくらい言えるか?
・有効に使われていない広大地
・道路に接していない土地
・斜面
・・・よし、3つくらいなら大丈夫。もう、ギリギリですよ。

不思議なもので、医業のように、継続して関わっている業界の「3カ月以上ご無沙汰なコトバ」は思い出せるんですね。
例えば「コーヌス義歯」。
全然、大丈夫です。きっちり語句説明できます。
EBMと対をなすもうひとつの医療に関する考え方は何ですか。ハイ、NBMです。
よしよし。
こんなこと書いててもしょうがないですけど。

ということで、自らへの戒め。
「特定業種で3カ月以上のスパンが生じたら、初心に返ってみよう。前作に目を通してみよう」
当たり前っちゃ、当たり前かもしれないですけど。
慢心は禁物。
公証役場に公正証書だからね。公正役場なんてないからね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR