FC2ブログ

[2701]「木々の名は。その22」モミジバフウ

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

もしかしたら、身の回りで見かける樹木の名も知らずに死んでいくのかも。
そんな思いつきから始めたこの企画。
今回は、「モミジバフウ」です。

最初、この名前を見かけたとき、「形容詞でもいいんだ」と驚きました。
モミジ葉風・・・イタリア風おじやとか、田舎風ピザみたいに読めるじゃないですか。
しかも、おじややピザのような本体が不在。
修飾語だけで完結。
イケメン風、現代風、チョイワル風・・・。
モノの様態だけで名を表す。
何だか、かっこよくないですか。
しかし、よく調べてみたら、楓と書いて「フウ」と読むそうです。
がっかりだなぁ。

モミジバフウの葉っぱ
モミジバフウの葉は、人の手のひらくらいの大きさ

ちなみに、同じ字を書くカエデとフウは、それぞれ別のグループに属しています。
フウ科っという、れっきとした一門がいるんですね。
一部にマンサク科との表記もあるんですが、細かいことは無視しておきましょう。
とりあえず、別モノだよと。

さて、両者の見分け方について、葉の付き方を取り上げているページが多いようです。
でも、落葉しちゃったら、わからないじゃんね。
そこで、独自に比較してみました。

すると、カエデは、5つの葉先がほぼ180度の中で展開しているんですね。
人間の手と一緒です。
対するモミジバフウは、展開面が360度・・・のものもある。
こちらは、例えるならヒトデ。
この見分けでいくしかないな、いまのところ。

樹皮は、年をとるとクスノキ状になるようです。
しかし、画像のような若い木はフツー。
よって、見分け方からは外しておきましょう。
あくまで人の手だったらカエデ、ヒトデがいくらか含まれていたらモミジバフウ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR