FC2ブログ

[2703] 我が家を訪ねてくるヒト

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

標題の件。
以前、多かったのは、新聞の勧誘でした。
ちなみにウチは、朝日と読売を3カ月ごとに変えて取っています。
なぜなら、その方がより獲材・・・要はオマケ・・・をもらえるから。
なので、契約の切れ目になると、複数の担当が先を争って押し寄せてくる。
3カ月先だけど、彼らにしてみれば、必ず営業の成績に結び付くからでしょうね。
これを10年くらいかけて、調教してきました。
大勢で代わる代わる来るなと。コッチは家で仕事をしてんだから業務妨害だと。
1カ月前になったら、誰か一人を寄こせと。
いまでは、すっかり調教完了です。

たまに、不動産の営業も来ます。
賃貸の住人は、分譲を売りつけるのにうってつけのカモなんでしょう。
しかし若い彼らは、社会人経験が5年にも満たない。
コッチは、30年以上も現場でしごかれてきたベテランです。
くどけるわけ、ないじゃないですか。
逆に、コーチングとかしてますね。
「モノを売りつけるから売れないんだよ、まずは、お客さんの悩みを聞き出すことから初めてみたら? それを御社のスキームで解決できれば、ビジネスが成り立つ。そういうことじゃないの?」
みたいな会話を、玄関口でね。

捕食寸前のカマキリ
去年の8月は、こんな方々も来訪されました

あと、宗教のヒト。
自分自身は、宗教が嫌いではないんです。
入会する気なんて、さらさらないですけどね。
ただ、その裏にある哲学的な思考を知っておくと、いろいろと使えます。
聖書の内容に限らず、欧米人を理解するきっかけとしても。

また、良く来る担当者は、自分のことを「文章の先生」みたいに思っていて、ツール類の添削とか頼まれるんですよ。
「今のヒトは、結論を先出ししないと、付いて来れないんじゃないかな」
「いやいや、『神の名のもとに』という書き方は、神が所有されないための方便なんですよ。犬でも何でも、名前を付ける行為って、所属先を示すということでしょ」
そんな感じで、ギロンしてます。玄関先でね。
宗教マターはゼロ、ひたすら文章指南。

それと、ダスキンのオバチャン。
最初は飛び込みでしたけど、十分にメリットがあると思ったので、契約しました。
モップの交換と洗剤の補充がメイン。
ダスキンの油落とし、笑っちゃうくらいスゴイんです。

ということで、我が家を訪問した人をむげには断りません。
お話だけは伺います。
ただし、絶対、ソッチペースにはならないですからね。
理が通っていて、コッチのメリットになることであれば、即契約。
他方、宗教のヒトみたいに、そもそもの目的と異なった関係ができちゃうこともあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR