FC2ブログ

[2447] 今度は網走、北海道

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

毎度、映画のロケ地でございます。
現在、仕事のメインが医療記事、それもライティングではなく編集業務なので、ネタが偏ってきましたね。
でも、夏の暑い間は、おウチでできる仕事に限る。
秋になったら、現場絡みの仕事を増やしていきます。

さて、お題。
映画は、ヘレン・ケラーのようなキツネの話。
北海道の網走市が舞台です。
やきそば巡りで行ったことがある街なので、土地勘やネタは大丈夫。とはいえ、網走監獄あたりが定番になるんでしょう。

博物館 網走監獄のエントランス
2009年、フリーになる1年前の写真

いろいろ調べてみると、映画のヤマ場は、能取岬という場所で撮られたらしいですね。
タンポポ畑で有名、ほかに、流氷スポットでもある。
ところが10月号の掲載なので、ともにシーズンじゃない。
秋のオススメは、通称「サンゴ草」が湖面を赤く染める能取湖だそうです。
一時、造成工事で見る影を失ったものの、近年、復活に成功したとのこと。
とりあえず、候補。

ラストシーンは、原生花園でのロケ。
ところが、ここに咲く花も、8月までが旬でした。
花目当てだったら、「フラワーガーデンはな・てんと」がギリギリ。
100パーセント天然の原生花園と違って、「フラワーガーデンはな・てんと」は地元ボランティアが手入れしているそうです。

そして、いよいよの網走監獄。
ここで書きたかったのは、鎖塚についての歴史だったんですね。
北海道を横断する道路建設には、労働力が必要だったと。
そのために、囚人を集めて安くこき使ったと。
現場で亡くなった囚人が埋められると、人骨は朽ち、金属の鎖だけが残る。いわく「鎖塚」。

さて、スポットが整ったところで、統一したテーマを何にしましょう。
何か、自然VS人工 的な対立軸が見えてきますよね。
サンゴ草の造成工事と自然保護による復活のくだり。
自然派の原生花園と、管理派のガーデン。
朽ちる人骨、残る鎖。もっといえば、道東の原野と、それを開拓する試み。
自然はときに完璧ではなく、人がそれを補おうとするけれども、それって自然といえるの?
ありのままの姿を楽しむ? それとも、人の手で整えられた形を鑑賞する?
ということで、ヘレン・ケラーのキツネにつなげると。
自然を受け入れるって、そういうこと。オフシーズンの網走だって、心持ち一つで楽しめるかも。主人公の少年はそう言っているよと。
多少の強引さが否めないけど、まあ、基本的な筋としてはいいんじゃないですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR