FC2ブログ

[2361] 箇条書きや併置は、品詞をそろえる

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

標題の件。
まずは、好ましくない箇条書きの例です。

■おいしいベーカリーの法則
中身がモッチリ、外がカリッツと焼けている
住宅街立地
イートインが完備されている
奥さんが優しい

名詞・動詞・形容詞が入り混ざっていますよね。
これでは単なる感想の羅列です、項目の併記ではありません。
私文ならいいですけど、お仕事だったら、品詞をそろえましょう。

●名詞の例
中身がモッチリで、外がカリッツと焼けている食感
住宅街立地
イートインの完備
奥さんが優しいこと

●文体の例
中身がモッチリ、外がカリッツと焼けている
住宅街に立地している
イートインを完備している
奥さんが優しく対応してくれる

カボチャのカップル
理想的な併置としての茶濁でございます

次は、一つの文章の中に出てくる併置です。
「や」や「と」でつながれるワーディングも、品詞を統一しましょう。
それだけで、ものすごく読みやすくなります。
逆に、統一されていない文体は不安定で、主語や述語のかかり方がわかりづらくなります。

×考慮すべきは、住宅街という立地条件と、そのような店舗が少なくなっているので注意が必要です。

途中から項目の併置ではなくなってしまいましたね。
校閲をしていると、こうした文章をかなりの頻度で見かけます。
自分で何をやっているのかわかっていない。
例えば、平文で、

住宅街という立地条件を考慮しつつも、そのような店舗が少なくなっているので、よくよく探してみましょう。

ならいいんですよ。
そうではなくて、「考慮すべきは」に続く併置を書くなら、品詞を統一してください。

○考慮すべきは、住宅街に位置して買い求めやすい立地条件と、そのような店舗が少なくなっているという事実です。

箇条書きと文中の併記は、品詞を統一すること。
言われてみれば当たり前なんですけど、いわゆる「ライター」といわれている人でも、できていないことがあります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR