FC2ブログ

[2165] 助詞のパレット

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

原稿拝見。おつかれさまでした。
うまいこと情報収集できたみたいだね。
ただねー、もうちょっと文章力を付けよう。
たとえば、2ページ目の冒頭。

「必要な骨の量が足りない場合、インプラント治療が適切に行うことができずに・・・」

の部分だけど、「が」が3つもあるよね。
あるいは、その下。

「骨の形成を阻害する繊維芽細胞が入り込まないように、自家骨もしくは骨補填剤を投入した部分をメンブレン(人口膜)で封をして、再生を促します」

今度は「を」が5つ。
こういう文は、何が主語や目的語なのかわかりにくくて、読み手を不安な気分にさせちゃうんだ。
ひとつの文の中では、できるだけ同じ助詞をくりかえさない。いいかな。

助詞のパレットイメージ
「助詞のパレット」という茶濁でございます

あくまでボクのやり方だけど、頭の中に「助詞のパレット」をイメージする感じ。
赤や青の絵の具が置いてあるとして、それぞれの色は1回しか使えない。
もちろん、この場合の絵の具とは「助詞」のことだよ。
そうイメージしておいて、「が」と「は」は使っちゃったから、「で・の・を・に」しか残ってないな・・・みたいな感じで文作する。
あっ、「の」だけはいっぱいあるから気にしないで。「も」に変えておこうか。
これが自然にできるといいんだけど。
そうね、半年ぐらいで使いこなせるんじゃないだろうか、「助詞のパレット」。

「必要な骨の量が足りない場合、インプラント治療が適切に行うことができずに・・・」
ここは、こんなふうに直してみました。
「必要な骨の量が足りない場合、インプラント治療の適応外とされ・・・」

「骨の形成を阻害する繊維芽細胞が入り込まないように、自家骨もしくは骨補填剤を投入した部分をメンブレン(人口膜)で封をして、再生を促します」
こっちは、文を割ってみよう。
「自家骨もしくは骨補填剤に繊維芽細胞が入り込むと、骨の形成を阻害してしまいます。そこで、メンブレン(人口膜)で封をして再生させるのが一般的です」

わかったかな。
こんな感じで、今の原稿を、もう1回見直してみてください。
それで、あした、答え合わせをしよう。
パレット使いになれば、1日2万円から3万円くらい稼げるんじゃないかな。
もちろん、医療ライターという専門分野があっての話だけどね。
大丈夫。自分だって、かつては「が」を連発してたんだから。
助詞が文章力を左右する・・・このことに気付いた者勝ち。
で、キミは気付いたと。
さて、あしたが楽しみですね。それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR