FC2ブログ

[2711] 「木々の名は。その25」コナラ

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

今回は、満を持してコナラ。
あの二宮金次郎が担いでいたという樹木です。
その最大の特徴は、何といっても重いこと。
中身がパンパンに詰まっているんですな。
だから、まきとして長持ちするし、木炭の材料にも好まれる。

試しに、太さ10センチくらいのコナラの枝を集めて、持ち上げたことがあるんです。
全然、ダメでした。
重くて持ち上がらない。
よって、ニノキン設定としては芝、つまり「細い枝」なんですね。
金属製の細かなディテールのニノキンは芝になっています。
一方、コンクリ製のがさつな像は丸太。あれは、現実的に無理。
えーと、何の話でしたっけ。

紡すい形をしたコナラの葉
コナラでした

葉っぱの形はティアドロップ。
紡すい形というより、葉先のほうが少し太くなっています。
輪郭の部分はノコギリ、葉先はとがっている。
良く見ると、葉脈が入れ違いに走っていますね。
ここまで確認できれば、ほぼ、コナラ確定。

樹皮は、クスノキまでいかないにしても、タテにシワシワ。
あと、秋にはドングリが成ります。もう、絵に描いたようなドングリ。
紅葉も見事。ちゃんと紅くなってくれるのでうれしい。

ブナ科らしいんですけど、まだブナを取り上げていないので、その違いが分かりません。
とりあえず、ノコギリでティアドロップで入れ違いだったら、コナラ。
よく似た葉で、葉脈が対象の樹木を見かけたんですけど、あれは何なんでしょう。
まあ、親戚なんだと思いますが。
とりあえず、「二宮金次郎像研究の第一人者」(小学館・評)ということもあるし、コナラを優先しときます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR