FC2ブログ

[2366] 新聞の事例研究-その8-接続詞のひらがな化傾向「たとえば」

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

接続詞のひらがな化傾向について取り上げるのは、2回目だと思います。
前回、「とくに(特に)」と「じつは(実は)」について紹介しました。
もちろん、最近の紙面はひらがなにしているという意味です。

かつては、「即ち」「又は」「及び」なども漢字でしたね。
現在、これらの接続詞は、ひらくのがデフォです。記者ハンでもひらがなを推奨しています。
一方、「とくに」と「じつは」の場合、記者ハンは両方の変換候補を出してきます。
ただ、現場の紙面では大方、ひらがなになりつつあると。

そんななか、今回発見したのが「たとえば」。
朝日新聞の記事本文でした。

「たとえば」のひらがな用例
22日の朝日新聞より

たとえには、例え以外にも「喩え」や「譬え」などがあるので、これらを統一しようという意図なのかもしれません。
ただし、「例え」にしちゃうと「ニュアンスが違うっ」と騒ぎ出す人がいるかもしれない。
だったら、ひらがなにしてしまえと。
そうだかどうかは、知りませんが。

とりあえず、接続詞としては、たとえば。
ほか、
「たとえ命を失ったとしても」「たとえるなら、味覚の玉手箱」
というような場合もひらくんでしょうね。
記者ハンでも、両方の変換候補を出してきます。

他方、「れい」と読ませるケースは、漢字なんでしょう。
「例を挙げるなら」「例のごとく」
この場合の記者ハンは、ひらがなの変換候補を出してきません。
「たとえ」と「例」を書き分けることで、それぞれのヨミがくっきり可分できますからね。

以前の記事と重複しますが、記者ハンは「たしかに」「ただちに」なども候補に挙げてきます。
この際、乗っかっちゃいましょう。
とりあえず接続詞は記者ハンを連打しといて、ひらがながあったら、そちらを優先する。
ただ、編集で戻されるってことが、往々にしてあるんですけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR