FC2ブログ

[2168] 安定という名の落とし穴、委任契約の盲点

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

月100時間、内容を問わず動く代わりに固定フィーをいただく委任契約。
この10月で早、4カ月目を迎えました。
他人の書いた原稿を編集する業務あり、取材先の調整あり、もちろん取材+ライティングもあり、企画・構成もあり。
発注する側としては、いちいち見積もりを取らなくてもいいので、楽なんじゃないでしょうか。
上限の100時間を越えていない限り、細かなこと抜きにして発注し放題。

一方のコチラ側としては、とにかく収入が安定するので、助かりますよね。
生活していくベースとしては十分。
現在、委任契約にプラスして、別会社から連載2本、別の複数会社から単発チラホラ。
そんな感じで食べてます。

ただ、この状況に甘んじてしまうと、「もっと稼ごう」という気が起こらないんですよね。
最近、新規営業をまったくしていません。
煮られる途中のカエル、ケージの中のブロイラー。

国府津付近の海岸
安寧に楽して、気付けば身動きのできない図

いまのところ、委任契約が占める収入の割合は、約7割です。
逆に言うと、委任契約を打ち切られたら、収入が3割になる。
これは怖いですよね。
いいところ5割ってところじゃなかろうか。

考え方のひとつとして、100時間を80時間くらいに減らしてもらう手があります。
その分、受け入れ幅を多くして、他社からの仕事を入れる。
ただ、他社の仕事が潤沢にあるとはいえないですし、最初っから「減額ありき」っていうのもね。
もうひとつの考え方は、100時間を維持しつつ、「もっと頑張る」こと。
それで5割ってことは、月200時間働けってか。
休みなしで1日7時間弱。
できんのか?

おーっと、そんなことをしている間に、委任元から別の相談が。
ほかのライターの取材記事がピンぼけしているので、音声データから別途、書きおこしてくれないかと。
ホント・・・何でも屋だな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR