[435]もし、取材先にほれ込んでしまったら

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

そりゃ、ありますよ。
人間だもの。

4月16日(水)、横浜高島屋地下1階にオープンした「ハッピーターン」のコンセプトショップ。
この店舗取材を、亀田製菓の担当者に直接話を伺いながら行いました。
事前に資料を読んでいたら、ハッピーターンの由来は、

誰かに幸せを分けてあげたらまた自分のもとにめぐってくる。そうして「世界中がHAPPYで満ちるといいな」

だそうじゃないですか。
もう、この時点で、ヤル気まんまん。ひっくり返ったって、ヘタレな記事にはならないだろうなという自信がありましたね。

関東初出店! 横浜高島屋の地下に「ハッピーターン」のコンセプトショップが出現、亀田製菓の新たな試みとは?
http://hamarepo.com/story.php?story_id=2879

435.jpg
取り扱うのは、「抹茶」や「カマンベール」などのオリジナル6テイスト

この記事には、全体的に「幸せ」というモチーフをちりばめました。
なので、冒頭で「ハッピーターン」の由来をビシッと明示し、それぞれのパートが生きるようにしたつもりです。
一番際立たせたかったのは、阪急うめだ本店の担当者のセリフ、「百貨店は『幸せ』の運び屋だと思っています」ですかね。

かめせいの担当者は、あけすけに話してくれる人で、ずいぶん助かりました。もちろんオフレコはいっぱいあったのですが、書かないにしても分かっていると、行間に「ス」が入らないんですよね。
企業的にも、幸福や元気が詰まっているいい会社だったし、応援したくなっちゃう。
同じ「せい」でも、それと前後した「江○清」なんて、校正頼もうとしたら「別に記事にならなくてもいいので…」何て言ってましたからね。
その時点でヤル気ゼロ。じゃあ、こっちだって、どうでもいい記事書きますって感じです。

話戻って、かめせい。
撮影にも懲りましたね。「ヨコバン(横向きのライティングで印影を出す方法)」使ったりして。
そうそう、懐が深いのは、横浜タカシマヤ(ハシゴ高が打てないときはカナ表記)。
阪急うめだ本店を持ち上げたのに、するっと通しちゃった。
ヨコタカさんも押しはしてあるんですが、実際どうなるかという不安はありました。

まぁ、そんなこんなで、自分の代表作に入れてもいいんじゃないかと思える記事が書けました。関係者各位に感謝。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事の話あれこれ♪
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR