FC2ブログ

[3739] 「花ブロック」の地域性-安曇川駅周辺

~健康増進スキームとしての「花ブロック摘み」~

きょうは、宿を取った安曇川周辺のレポートです。
位置としては、琵琶湖の西岸で、やや“上寄り”といったところ。
琵琶湖グループが敦賀からどうつながっていくのか、確認していこうと思います。

1枚目の写真は朝の6:23に撮影していますね。
5時起き、6時出くらいだったのかな。
前の日の夕食は当然、ホテルの自室でコンビニ飯です。
とにかく、他人と接触しないこと。
遠征するからには、やることをやる。
でもって、「早起きは三文の得」となればいいですね。

花ブロックほこらの「押し花」
おっ、ほこらに「押し花」発見

ほこらに花ブロックって、珍しいんじゃないですかね。
へー、やってくるんだ、安曇川では。
いいね、おもしろいぞ。

花ブロック「知恵の輪」
「知恵の輪」です、琵琶湖グループ確定

いやいやいや、ここで安心したらいけません。
「みやま」も追っておきましょう。
吊りや盛り線が出てきたら、判定が厳しくなる。

花ブロック「盛り線っぽいみやま」
「盛り線みやま」だけど、微妙

コテコテの「盛り線みやま」は、下の真ん中の部分が浮くんですよ。
少なくとも大阪では、そうなってました。
その点、安曇川の産は、盛ってるけど接してますよね。

花ブロック「吊りみやま」
あー、これは、明らかに吊ってきた

なんでだっ。安曇川は混合域なのかな。
東岸の近江八幡も、混合域でしたよね。
琵琶湖の真ん中あたりは交ざるぞ。
というか、滋賀県そのものが混合県という可能性も。

よし、琵琶湖西岸沿いに、もう少し南下してみますか。
次回、京都との境目にある大津京駅で探索してみます。
京都府は完全に大阪一派ですから、この辺が境目になるはずです。
そして、おそらく大津京も混合域のはず。
いやー、琵琶湖周辺っておもしろい。花ブロックの文化が交ざるんだね。

花ブロックMAP安曇川
一応、地図で確認しておきましょう

今回の安曇川は、新しく琵琶湖西岸に打った二重丸のところ。
次回の大津京は、ここと京都の間です。
大津京が大阪一派に侵略されてたら腰抜かすな。予想としては、混合域ですけどね。

そうか、同じ滋賀県でも、長浜まで行っちゃうと琵琶湖グループの独占でした。
そう考えると、大津京の大阪一派独占って、ありえるぞ。
まさにきっ抗してんだ、うーん、楽しみ。

さて、問題はその後です。
平日に来ちゃったので、そろそろ仕事のことが心配。仕掛かりは全て済ませてきたものの、新規の急ぎとか入ってないだろうな。
ということで、帰りがてら浜松へ寄ることにしました。
静岡県の西部の様子も知っておきたいからね。
また、浜松次第で、今後の遠征計画プランも変わってくるでしょう。

浜松が琵琶湖グループだとしたら、間の愛知県を埋めておかないと。
大阪一派の可能性は、ありえないでしょう。もしそうなら、頭パンクします。
独自勢力なら、岐阜と伊勢の“押さえ”が効いているので、次に向かうは日本海側の石川県とかかな。
いずれにしても、新コロの第4派で、動きが封じられました。
ネタの対策も考えておかないと。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR