[141]会社員時代とフリーの比較、収入と時間など

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

会社員時代の給与明細は残っていないんですが、額面で、月額45万+ボーナス各100万ぐらいもらっていたでしょうか。
手取りにして600万は超えていたと思います。
今の約倍ですね。

ただし、毎週のように飛行機に乗ってやきそばとか食べに行っていたりしたので、月あたりの収支はツーペイ。ボーナスから買い物をした残りが、放っておいてもたまっていくような感じでした。
買い物といっても、車とか興味なかったし、せいぜいスーツと消耗品程度。賃貸だったので、ローンはナシ。かなり健全な財政状態だったといえるでしょう。
手元に残るのは、年間80万円前後だったと思います。

フリーになって思ったのは、月々の生活がつくづくバブルだったということ。
ダイエットをしてみたら、軽く10万円減らせました。ただし、現在の手取りにしたら高額すぎる賃貸と保険は変更していません。これで、月20万円弱といったところ。
今の収入は手取りで約25万弱なので、可処分所得は年間約60万円。会社員時代と、あまり変わらないですよね。

141.jpg
「他を抜く」からタヌキ。独立したてのころ、よくそういう神社にお参りしました

ただし、フリーには定年がないので、ヤル気さえあれば一生収入が保てます。
もともと、何かしていないと気が済まないタチなので、「定年に対する怖さ」みたいなものは以前から感じていました。

横幅を40歳からの20年とし、縦幅を600万円とすると、この四角形の面積は「12,000年円」。
同様に、40歳からの40年と、300万の年収で構成される四角形も「12,000年円」。
これからの生涯賃金は変わらないんですね。

そう考えると、ストレスがほとんどないフリーになって良かったと考えています。
特に会社員時代の、「明日からまた同じ一週間が始まる」といったやるせなさは「0」です。
一生修行を充実した人生と考えられるなら、独立はお勧め。
特に、気分的な若さは確実に保てているような気がします。

逆に、定年までいかに人生設計をしきっちゃうかが全てと考える人は、フリーに向いていないでしょう。
名も実もそれぞれ重要な要素なので、結局は人それぞれ。何だか、当たり前の結論になってしまいました。
スポンサーサイト

テーマ : 就職・転職・起業
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR