[241]混合診療の認定要件にある「専門医」とは?

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

「混合診療」 = 健康保険が適用される「安い治療」 + 自己負担となる「高い治療」。
これらを併用する場合、保険診療分の費用は負担されず、オール自己負担となっていました。
これを可分して考え、「安い治療」+「高い治療」があってもでもいいんじゃないのという議論が行われています。

241.jpg
国民にとっては、大筋好ましい方向だと思われる

ただし、「混合診療」を行えるのは、専門医が配置されている医院などの一定要件を満たす必要があるとのこと。
つまり、デタラメなやぶ医者が、金もうけのために「高い治療」ばかりしていたら、それは問題だろうという発想ですね。
では、専門医って何なのでしょう、誰が認めるんでしょう。

学会?
お金さえ積めば「専門医」にしてくれる諸団体なんて、いくらでもあります。
つまり、現状の専門医は「言った者勝ち」なんです。
ですから国は、2017年から、専門医認定のための専門機関を設けるようです。

しかし、「何をもって名医とするか」は、患者マターであるべき。
例えば歯の治療を例にとってみましょうか。

優れたインプラント(顎の骨に直接埋める差し歯)治療が行える医師がいて、認定医に認められましたよと。
一方、歯を抜かないことを重視して、一生自分の歯で暮らせるような自由診療をしてくれる医師がいたとします。彼は、腕はバツグンですが、何かを「認定」されるようなスキルや所属団体を持っていません。地味だけど上手なんです。
この場合、名医であっても、認定医にはなれないでしょう。
さて、どちらの歯科医院に患者が集まると思いますか。

「混合診療」は、「専門医」であることを宣伝(厳密に言うと、宣言)できるきっかけを生み、特定のスキルに対してのみ評価を行うので医師を差別する発想であり、地味な名医をつぶしていく。
そんなことになるんじゃないかと、心配しています。
スポンサーサイト

テーマ : どうなってんだよ。
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR