[242]慰安婦問題を解決できるキーマンとは

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

日本の集団的自衛権を認めようという動きに対し、特に韓国が反応しているようですね。
従軍慰安婦問題とセットにして、戦争をしていた時代の日本の悪いイメージを、内外にロビイスト活動しているとのこと。

そもそも、この従軍慰安婦問題。
橋下氏がかつて発言していたように、「どの国でもやっていた」というのは、ある意味で核心を付いていると思います。
ただし、今さらそれを口にするといろいろとアレだからタブーにしておこうという、「世界共通認識」がある。ほかの国で話題になっていないのは、このためです。

では、なぜ韓国が騒いでいるのかというと、あの国の憲法裁判所が「騒げ」と命じちゃったんですね。
2011年に、「政府が解決に向けて努力しないのは違憲」とした判決を下しました。

242.jpg
タブーに触れざるを得ない各誌

つまり、韓国の司法機関がパンドラの箱を空けてしまったというのが、この問題の根っこなわけです。

実は、「解決に向けた努力」というのは、それまでにも行われていて、日本からも「国家としては謝れないけど、政府として謝るよ、保証もいくらかするよ」という提案が示されていました。
しかし韓国は、「国家として認めろ」という線を譲らないようです。

国として認めるのは、「世界共通認識」を考えると、あり得ないことです。
逆にそうしてしまうと、諸外国にも広がっていってしまうから、この考え方を支持する国はないでしょう。
そうなると、国と政府の間に着地点を取るしかないのではという気がしてきます。

さあ、そうなると、あるお一人の方に注目が注がれますよね。
実際問題としては無理でも、近い間柄の方とかではダメなんでしょうかね。そういう立場から遺憾の意を表明するとか。
もう、その辺でケリ付けましょうよ。
スポンサーサイト

テーマ : どうなってんだよ。
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR