[342]放送禁止コードにされてしまった職業

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

記者ハンで、「婦警」と変換しようとすると、<<記・不快用語等>>という注記が付いてきます。
床屋をはじめとした「屋系」もそう。
「百姓」「農夫」も注意されるので、この辺はうっかり書いてしまうことはありません。

問題は、業界コードでは指定されているけど、記者ハンではセーフになっている職業。
状況に応じて使い分けが必要なんですが、コッチもいちいち気にしてないので、おそらくやらかしていると思います。

「板前」とか「スチュワーデス」は、何となく知っていたのでセーフ。
「芸人」や「OL」はアウトですね、たぶんどこかで出しちゃってます。
「エディター」は、今回調べていて初めて知りました。

342.jpg
「レントゲン医師」もNGって、聞いてないけど

医療系は、仕事柄定期的にマニュアルが送られてくるので、対応できていたツモリでした。
ところが、「レントゲン医師」ってダメらしいじゃないですか。
インタビューでは、「X線」と言う医師が多かったから、偶然にして防げていたかもしれないですね。
ちなみに、「レントゲンフィルム」はOK。何で?職業じゃないから?

「獣医」は、記者ハンで<<記・注意>>扱い。「獣医師」が好ましい。
これは、歯科医じゃなくて歯科医師にするのと同様、業界の常識というか慣例みたいなものでしょう。

でもね、「芸人」とか「エディター」とか、悪いけど使うからね。
侮蔑的な気持ちなんてさらさら持っていないし、読んでいて気を悪くする人の割合もたかだか知れている気がする。
わざわざ選んでは用いませんが、文意のが伝わるときは、迷わず優先します。
スポンサーサイト

テーマ : 仕事のヒント☆
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR