fc2ブログ

[4356] 富山の薬売りを英語でいうとブレードランナー

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

今回は、ワーディングというより、小ネタです。
この間、医療記事の取材で、
「もともとは、医薬品の運び人のことを『ブレードランナー』と呼ぶ」
と知りました。SF映画で原題『電気羊はアンドロイドの夢を見るか』の『ブレードランナー』ね。
医薬品と一緒に、メスのなかった時代は刃物も運んでいたから、その名が付いたらしいです。

あれ?誰からか忘れましたが、自分が教わったのは、「刃物の上を走るような危ない職業に就いている人」だったんですけどね。
念のためインターネットなどで検索してみたら、どうやら、「運び屋説」が主流のようです。
つまりは、富山の薬売りということですな。

高岡大仏
ニノキン取材のついでに立ち寄った、富山県の高岡大仏

その収録後のZoomで、編集と「カタカナ通り名」の雑談大会がはじまりまして。
最初に出てきたのは、「ウィンドストーカー」だったっけな?
ロープレゲームの職業にあったりするんだけど、あれは、なんなんだと。
映画で『ウインドトーカーズ』はありましたよね。「ス」の付いていない、「風と話す人」のほうです。
これは、映画の趣旨に絡めるなら、「特殊な暗号に使うコードを知っている人」のこと。あたかも風に乗ってくる暗号を話せるという意味の、「ウインドトーカーズ」ですかね。

ただ、今、話題にしているのは、「ス」付きの「ウィンドストーカー」。
その場で調べてみたところ、要は、「風のストーカー」みたいですな。ストーカーって、つきまとう犯罪のストーカーね。
そのことから、追跡者とかトレジャーハンターのような意図で使われているようです。風の中の手かがりを追跡していくイメージでしょうか。
ただ、「ストーカー」と聞くと、ちょっとナニではありますな。

ほか、「レインメーカー」も出てきました。
これは、「雨乞い人」のことですよね。
作物にとっての慈雨をもたらしてくれる人。このことから、単に「金銭的な利益をもたらせてくれる人」のようにも使われています。
ただ、映画の『レインマン』はちょっと違っていて、サヴァン症候群などで散見する特殊能力を、“人知の及ばない雨”に例えている・・・ようです。
なお、表面的には「レイモンドという人名を覚え違えた」ことにもなっていて、この辺のギミックがうまいですよね。
てなことを、収録後にベチャクチャしゃべっていました。はい、今回、それだけです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR