[359]社名を書くときに、株式会社とか有限会社って要るの?

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

この間、標題の件でモメにモメまして。
某編集は「絶対要る派」なんですね。
私は、ケース・バイ・ケース派で、原則「要らない部」に所属しています。

確かに、日本の会社法によれば、商号を表記する際、株式会社などの企業形態は「付けなくてはいけない」とされています。
でも、それと、記事文は別ですからね。

359.jpg
無作為に抽出した、朝日と読売の記事。ともに企業形態は表記していない

ですから、原則「要らない部」でいいと思うんです。
ただし、社名が変更された場合など、厳密に商号が問われるときは、「要る部」へ転部します。
持ち株比率がどうなったとか、「株式会社ならではのマター」を扱うケースでは、悩んだ末転部かな。
つまり、最初からアリキではなくて、ケース・バイ・ケースなのではないでしょうか。

意外と部員数の多い「絶対要る派」は、おそらく「良くわからないので、正式な方を支持」しているんだと思います。
同じ揺れでも正しい方向へ揺れた方が無難だろう、という考え方ですね。

対する「要らない部」は、今までやっていて何も問題がなかったという実践部員なんです。
ですから、根拠に乏しい。
せいぜい、「ほかのマスコミはみんなそうだ」程度しか言えません。
確たる理由がないんですね。

最悪なのは、編プロの中で統一できていないケースでしょう。
ある人は右と言い、ある人は左と言う。
ライターと編集者が同じ方向を向いていれば、何の疑問もナシに、左右それぞれの記事が生まれる。
異なる方向を向いていた場合は、2人の人間関係で事が決する。
ルール不在。あるのは、その場の雰囲気のみ。

「ライターさんには、細かなこだわりがありますよね」なんて言われたりしますが、全然違うだろって話です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR