[361]日和、日より、ひより

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

某情報サイトのコンセプトコピーを依頼されまして。
山ガハでいうところの、「日本の街角再発見」みたいなものですな。
そのサイトの趣旨を端的に表すセンテンス。1万円です。
コピーだけじゃなくて、「about us」のページテキストも含めてなんですが、フィーとしては悪くありません。

クライアントが取り上げようとしているテーマは大きく2つあって、そのまま書けないので、花鳥風月にあやかり、仮に「花」と「鳥」だとしときましょう。

361.jpg
本当は、カルチャー的なテーマです

最初に思い浮かんだのは、2つのテーマを対比できるような、「花子とアン」みたいなイメージ。
でも、「花と鳥」じゃ、そのまま過ぎます。それぞれ後に、何かほしいですね。
そこで「日和」を使ってみました。
花日和と鳥日和?
日和を繰り返したくないので、後を「散歩」に変えてみます。
花日和に鳥散歩(本当は、花と鳥じゃないですからね)。

ちょっと、漢字し過ぎてますか。
花ひよりに鳥さんぽ
はな日和に、とり散歩
これに地域名を当てて、湘南「はな日和に、とり散歩」。ということで落ち着きました(本当は、湘南じゃないですからね)。
ほか、合計3案出していますので、いずれかに決定するんじゃないかと思っています。

で、何が言いたかったかというと、漢字が正しいとかひらがな正しいとか、そういうことはあまり意味を持たないんですね。
「日和、日より、ひより」も、それぞれ組み合わせた上で、もっともメッセージ性の高いコトバが「正解」になる。
校正を受けるようなレベルから早いこと脱して、表現の世界が楽しめるようになってくると、仕事がおもしろくなってきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR