[363]垣間見える、胸を膨らませるなどのマイブーム

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

何かでそのフレーズを見かけて、「あっ、これ使おう」などと影響を受けることが、比較的よくあります。
少し前までは、「垣間見える」でした。

「無料相談に時間制限を設けない」というその姿勢に、依頼者重視のスタンスが垣間見える

この使い方はどちらかというとダメで、わずかに様子がうかがえるような、はっきり見えないのが「垣間」のようで。
おおっぴらに見えるんだったら、「スタンスが反映されている」でもいいわけです。
ところが、ブームに乗っちゃうと自分が抑えられなくなり、その辺に「こじゃれたフレーズのひとつでも使ってやろう」という魂胆が垣間見えます。

363.jpg
これが何だかわかる人には、垣間見えるが通じると思います

いま多用しているのは「胸を膨らませる」で、「期待している」とか「楽しみにしている」などと比べると、動きのあるコトバですから、より直感的に伝わりますよね。
期待や楽しみはすでに持っていて、それが日々育って行くイメージ。
ただ、客体には使えないところがあって、「子どもたちには、いつも胸を膨らませさせられる」なんて日本語はオカシイです。

逆に、マイブームにしようとして失敗したのが「-」。
欧米では「・・・」のように使われていて-といっても、原訳を読んだわけではないのだが-流用できるかなと思ったんです。
結果からすると、日本語に限っては、分断しちゃって読みにくくなるんですね。別の文にして、後に持ってくる方がスンナリする。
あと、おもしろい口調や主張が強い人の場合、「(名前)節」も使っていましたね。

「できるかどうかわかんないから、やるんじゃないか」と、鈴木節。

これね、取材時に仲良くなってないと、後で怒られます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR