[264]矢とバズーカ、どちらが的外れなのか

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

その筋の専門家ではありませんので、個人的な感想になりますが・・・。
物価上昇の要因は、3つあると思います。

1つめは、古典的な需給バランスによるもの。これが、一番景気の実態を表しているといえるでしょう。
2つめは、悪天候や災害による品不足。需給バランスの一種かも知れませんが、景気とは関係なく、少し前にあった野菜の価格上昇などが一例です。
3つめが、投機的な株価上昇に引きずられた、期待感による消費行動。
ほかにあるかもしれませんが、少なくとも黒田バズーカは、「3つめ」をねらっていたといえるでしょう。

264.jpg
帳尻合わせというニュアンスをうかがわせた、Sankeibizの報道

そもそもの発射原因は消費税の増税で、もっと根源的なところをいえば、赤字財政によるデフォルトの危機にあるわけです。
そこで、日本経済全体を上昇ムードに押し上げて、日本人全体から税金を集めようと。これが、いわゆる「3本目の矢」ですよね。

もし、黒田バズーカが投機的な株価上昇をねらっていたとするなら、利を得るのは誰でしょう。
投機筋や、上場会社の社員ということになります。
彼らに対し、直接税という仕掛けを置いておけば、消費行動が上向いた分の税収確保につながるでしょう。
ところが、今回のマトは、間接税なんですよ。
そのバズーカ、正しい標的を追えていますか?

自分としては、直間にかかわらず増税はすべきだと思っています。
今まで無償で受けていた行政や警察などのサービスが受けられなくなる、あるいは日本という住む場所をなくすぐらいだったら、多少の負担はやむなしという考え方です。
ただし、「三方良し」という仁義が政治にも必要だと考えていて、つじつまをソッチ都合で合わせられては、禍根を残しかねないですよね。
これが、無意味な反対行動を招いたりする。

正直に「お金がないからください」と言えばいいのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR