[712]ここどこー? 底土港ー

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

今回、またもや脱線します。
学生のころから10年以上通い続けた、八丈島についてのお話です。

きっかけは、学習塾でアルバイトをしていた大学の同期から「八丈島行かない?」と声をかけられたことにあります。
「臨海学校みたいなキャンプをするので、手伝ってほしい」と言われたんですね。
以来、その魅力にはまってしまって、塾が解散しても自分たちだけで行くようになりました。

やがて社会人になると、みんなの日程がFIXしなくなってきたのがネックでした。
それでも僕らは小グループの単位に分かれ、「今年は第1波だ」、「コッチは第3便だ」みたいな感じで、約1ヶ月の間で入れ代わり立ち代わりしていました。
また、小グループが新たに友だちを引き連れて、その友だちがまた別の知り合いを引っ張ってくるということも、少なくありませんでしたね。

そうなると、「何を持っていけばいいの?」「何して過ごすの?」「スーパーとかあるの?」といったさまざまな疑問が、グループ長に寄せられるようになります。
そこで、この問題を自分なりに解決しようと、生まれて初めてホームページというものを立ち上げました。
八丈 Outdoor Party、略して「HOP」です。

712.jpg
温泉ガイドにはじまり、最後の方では「地名の由来」みたいなことも盛り込んでいましたね

その「HOP」ですが、基本的には、キャンプ前しか更新していませんでした。
「キャンプのお知らせ」みたいな位置づけでしたから、それで良かったわけです。
その夏新規参入するメンバー紹介みたいなこともやっていましたでしょうか。

オリジナルメンバーは、大学のサークル仲間が中心でしたが、前述のように分派していきます。
自分は正当派の「ガンタイダー(目をケガして眼帯をはめていたことによる)」。
医学療法士を目指していたグループは「リハビラー」、不動産会社に行った連中が、えーと、何だったっけな。とにかく、最盛期には、総勢20人ぐらいに膨れあがっていました。
そういえば、どこにも属さない一匹狼もいましたね。彼女は日程も告げずテントすら持ってこなかったのですが、毎年誰かしらはいるので大丈夫だったんです。

後年、このHOPが発展して、「山ガハ」になっていきます。
ですが、その話はまた、別の機会に。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR