[468]オババ、無邪鬼に転ず

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

苦手な人って、いますよね。
つい先日までは、取材先や営業担当も含め、どんなタイプでも大丈夫だと思っていたんです。
コッチも40代ですから、ある程度の敬意は払ってくれますし、足元を見られるということはまず、ないです。

ところがある日、はじめて会った女性の担当者なんですが、かなり険しい顔をしていたことがありまして。
正直、「おっかね」と思いましたね。
後から考えればそのときだけだったんですが、以来、何となく苦手意識を持ってしまいました。

別の日。カメラマンと先に現地へ着いたときにも、
「あのオババ、怖ぇよ」
「何となく、分かる気がします」
そんな話をしてしまったような記憶があります。

468.jpg
後日、再びオババ担当の現場へ

ところが、次の案件で、やたらにオババがはっちゃけちゃってるんですよ。
頭上を、厚木基地に所属する戦闘機が飛んできたときなど、コッチの肩をバンバンたたいて喜んでる。
そのとき、ふとよぎったのは
「あっ、あのカメラマン、チクったな」
ということ。
だって、そんなキャラじゃ、ねーもの。原因はそれしか考えられないじゃないですか。
まぁ、気を遣ってもらっちゃって恐縮なので、できるだけアイスルようにします。

一方、取材対象者で苦手というか困るのは、とにかくしゃべらない人ですね。
これには2通りあって、ひとつは、考え自体が思い浮かばない人。これは、どうしようもありません。
ただし記事になると、ライターが大部分を補完しますので、かえっていいコンテンツになったりすることがあります。

もうひとつは、考えはあるんだけど、口にしない人。
こういうタイプは、校正が真っ赤になります。
だったら、最初からそう言ってクレと。
あのですね、記事を見ていて、「いつもはこんな言葉使うライターじゃないのにな、何か変だぞ」と感じたら、それは多くの場合、先方の修正です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR