[169]御用聞きライターが超えられない、月20万円の壁

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

ここ数ヶ月で、収入面の環境が大きく様変わりしまして、正直、面食らっています。

士業のサイト関連については、「イチロク案件」が月3件ほど入るようになり、これだけで18万円。
詳しくは [164] で書きましたので省略しますが、向こうから振られる仕事をこなすのではなく、「だったら、こうしてみましょうよ」という提案型の仕事ですね。

次に大きいのが、新人タレントのプロモート。
インタビュー記事、代理店や業界向けのニュースレター、カメラマン手配、メディアへの素材提供・管理など。
月2件もあれば、上記と合わせて、十分食べていくことができる。日数は15日もあれば十分。
こうなると、いままでやっていたメイン業務が、「余力があったらやるサブ業務」になってしまうわけです。

169.jpg
過日、都内で行ったアーティストロケの様子

この違いはドコにあるかというと、ひとえに、「自分で仕事の幅を膨らませられるかどうか」にかかってくると思うのです。
金額や内容が決まっている、いわゆる「御用聞き」ライターだと、頑張っても月30万円ぐらいが上限なのではないでしょうか。
フィーが決まっているので、可能な作業時間内に詰め込みきると、それ以上の「伸びしろ」がない。
コトバとしては正しくありませんが、「出るくいは打たれてしまう」わけです。

一方、提案やディレクションを含めることができれば、くいを伸ばした分だけ収入につながる。
プロモートにしても、宣伝にメディアを買ったり、タレントとの契約書を司法書士にチェックしてもらったり、画像や音源の管理をしたり・・・やることは無限にあります。
インタビューなどを自分がやらずに、人に任せたっていい。まぁ、今のところ楽しいので、そんな気はさらさらありませんが。

頭を抑えつけられるような仕事は、いくらやっても、発展性がない。
では、どうやってオイシイ仕事を見つけてくるのか。
その辺は、次回にまとめようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR