[472]人によってはこれを「食い逃げ」という

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

飲食系の取材で、いわゆる「特集モノ」というジャンルがあります。
これ、途中まで進めていて、たまにボツることがあるんですよね。

例えば、某所に集中している焼肉店比較だったとしましょう。
いいですか、仮の話ですからね。
全部で3店あるので、初日はP店に伺いました。

もちろん、「ほかの店の協力が得られないと、記事にならない」旨は伝えてあります。
また、この時点では3店舗ともアポが取れていたので、自分でもイケルつもりでいました。
撮影用に商品提供していただいて、「よかったら、食べていってくださいよ」というのは、よくあるパターンです。

472.jpg
写真は「上カルビ」、実際は「リブロース」をゴチになりました

後日。
今度はH店に行ったところ、「店主が体調を崩してしまって」とのことで、まさかのドタキャン。
復調まで、数ヶ月ぐらいかかりそうとのこと。

ここからは、編集部との相談になってくるんですが、3ヶ月待って進まなかったら「オクラにしようと」の判断が出ました。
結局、そのままになってしまったわけです。

これ、食い逃げですかね。
文字通りの意味じゃなくても、やっていることが同じという気がする。
唯一逃げ場があるとすれば、原因を作ったのがコチラじゃないということ。
友人に話したら、「遠慮しないで、上カルビも食っとけば良かったのに」と言っていましたな。気を遣っての発言だとは思いますが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR