[275]ブランディングに対する、やきそばとハンバーガーの決定的な違い

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

食べ物への異物混入事件。
一般には、まるか食品と日本マクドナルドが同列に報じられていますが、その中身は少し違うと思います。
この問題は、クレームの対応差としてとらえるべきで、その意味では、タカタ製のエアバッグも含まれるのではないでしょうか。

マックおよびタカタは、「しかるべき調査をして、問題を発見してから、公開」という立場。
どちらかというといままでの典型で、10年前なら、何も問題ありませんでした。
一方のまるかは、「疑わしき情報は先に公開して、その後に対応を取る」という考え方。
これは、現代の情報拡散に即した、先進的なアイデアといえるでしょう。
欧米ではむしろ主流になりつつあり、だからこそ、オールドタイプのエアバックが注目されているのです。

275.jpg
混入発覚から10日を要さず発表された、ペヤング販売中止の告知

さて、両者の結果を見てみると、マックに対しては不信感が残り、ペヤングはむしろ販売開始を望む声が多くなっている。
対応の仕方ひとつで、おとこ気というか、「ブランド力を上げる」ことに成功しているんですね。まるかの場合。
「疑わしきは先に公開」というスタンスがいかに正しいかが、誰の目にも明らかだと思います。

事件を通じて学ぶべきポイントは、まさにその点です。
異物混入という観点で、いたずらに不安感を誘っても、まったく出口は見えない。「怖いわね」で終わってしまう。
それって、報道の意味があるんでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR