[186]ICレコーダーをUSBメモリとして使ってみる

結論としては「ムッチャ重宝」ということになりますので、以下、すべて余談でございます。

もう、いつだかも覚えていないぐらい、昔のこと。
おそらく、ここ2年ぐらいだと思いますが、施設系の取材があったんですね。
過去イベントの画像を借りる段になり、メールで送ってもらっても良かったんですが、USBメモリごと渡されまして。
「いつでもいいので、何かの際に近くを通ったら、受付にでも預けておいてください」と。
以来、機会を失ったというのか、返していないんですよ。

ずっと気にかかっていたので、この際、新品を添えて、改めてごあいさつに伺おうかと。
それがきっかけでUSBメモリを調べてみたら、記録が長持ちするタイプとか、いろいろあるみたいですね。
実際に使う上で、画像の次に重いのが、インタビューなどの音源データ。
アバウトなところでは、1時間あたり7メガぐらいになります。
で、いま使っているICレコーダーの総容量は、4ギガ。
そのくらいの余裕があると、ほぼ無敵です。

186.jpg
充電をマメにしておけば、3連チャンぐらいは平気

気付いたのは、このタイミングだったんです。
まてよ、と。
これ、理屈では、画像データも入りますよね。
打合せ資料も持って行ける。
この間ノートブックを買ったので、紙が要らなくなるじゃないですか。
目からウロコでしたね。

ちなみに、取材資料は、いまだ紙にしています。
電源が無くてもなくならないし、相手に記入してもらったりできますから。
ただ、プロジェクトごとのテキストや資料、画像などを、フォルダごとに管理できるので、大変便利。
何で、いままで気付かなかったんだろう。

ということで、某施設さま。
ごあいさつに行く機会が、またまた伸びると思われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR