[386]いま、きょう、きのう・・・時称のひらがな表記について

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

たとえば「今日」。
記者ハンによれば、「きょう」と読む人もいれば「こんにち」と思われる場合もあるので、ひらがなで書くことになっています。
ほか、「明後日(みょうごにち・あさって)」「昨日(さくじつ・きのう)」なども同様。
「接続詞は可能な限りひらがな」という原則があるので、書き出しの統一感が取れて、いいんじゃないでしょうか。

ただし、「時称イコールひらがな」というわけではなく、読みの混乱を防ぐのが目的。
したがって、「今後」や「古今東西」などは、漢字でもいいことになっています。
「いまのところ」「いまのうち」「いつやるの、今でしょ」は悩みますね。
フィーリングというか、「今」を使うと感じが出るというか、文調の硬さとか、そんなところで流動的に対応しています。コレといったルールはないのではないでしょうか。

386.jpg
「日時」をイメージさせる、茶濁画像でございます

もし悩むようなら、絶対的な日付を書くといいでしょう。
記事の多くがそうしているのは、記者ハンシンドロームだと思いますよ。
あと、蛇足ですが、和暦を併記するケースってあるじゃないですか。
「年」の付け方に迷いませんか?
2015(平成27)年とする場合もあるし、2015年(平成27年)という指定を受けることもあります。
事前に確認すればいいだけなんですが、担当者によって見解が異なっていたりするので、とりあえず前者をデフォにしています。

話戻って、きょうとかきのう。
タイトルとかキャッチになると、それはそれで迷います。
「きのうの味方はきょうの敵」
「よりよいあすをめざして」
何か変じゃないですか?
「昨日の味方は、今日の敵」
「よりよい明日をめざして」

結論としては、いつものことですが、「自分で意味があると思っているかどうか」でしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR