[287]チェーン本部と店長は労使の関係にあるのか

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

ファミリーマートの店長らが本部に対し、団交を申し込んだ件。
東京都労働委員は、請求に応じるよう命令を出しました。

ということは、両者の間に労使の関係が成り立つということですよね。
そうなると、いままで問題とされてきた残業代や、組合がらみの問題に加え、さまざまな局面が考えられます。
例えば、アルバイトの子がケガをしちゃったと。
このときの「安全配慮義務」は、どちらに課されるのでしょう。
店長が労働者だとすれば、その責任は使用者である本部になります。

287.jpg
さまざまな波紋を起こしそうな、今回の判断

実際、そういうマニュアルが整備されているでしょうから、名実ともにチェーンが賠償責任を負うんでしょうね。
では、店長が頭に来て、店員をクビにしちゃった場合はどうでしょう。
前提として、日本の場合、即時解雇はほぼ認められません。
この場合も、店長の判断なのに、本部と係争していくことになりそうですね。

つまり、フランチャイジーは、中間管理職なんですな。
業務上の過失責任を、あまり問われない立場。
少なくとも、個人事業主じゃない。
逆に、組織員としての自覚が必要になってくるでしょう。

田舎に行くと、個人商店レベルのコンビニがあるじゃないですか。
別に、田舎じゃなくたってありますけども。
ああいう人たちって、おそらく、その自覚がないですよ。

ですから、今回のような解釈を機に、コンビニの描写が変わってくると思います。
「聞いていない」として、加盟から降りる店も出てくるんじゃないでしょうか。
何か、取材とかもやりにくくなりそうですよね。
本部対応しか認められなくなったりして。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR