[490]取材時におけるアンチドレスコード

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

インタビューをするときの服装。
媒体社のなかには、具体的に指定してきたり、「TシャツとジーンズはNG」みたいな制約を設けるところがあります。
これって、「だらしない」のがダメであって、アイテム自体は何着てもいいでしょ。
そう考えているので、規定を守っちゃいませんが、文句を言われたことはありません。

ところが、「できるだけ、ラフな格好で来てくれ」と頼まれることがあるんですね。
なぜなら、こんなイメージを撮るからです。

490r.jpg
このときは冬だったので、セーター着てましたが

デザイナーいわく、「ブレザーを着られると、ドッチが対象者だか分からなくなる」とのこと。
特に、債務整理のサテライトサイトなんかの場合、「お金に困ってる感」が欲しいんでしょうね。
言い忘れましたが、カメラマンから事前に「今度また、『肩借ります』ので」と、一言かけてもらっています。ダマテンじゃありません。

問題は、たまに髪の毛がハネていたりすること。
ワザとじゃないですよ。
結果として、生活苦っぽくなったりしてますが。

あと、「アンチドレスコード」ではないのですが、タウンロケの後に別途インタビューが入っていることがあります。
ロケの場合、カメラも兼ねることが多いので、基本は「現場服」。
そのまま、センセーのところへ向かったりしています。

結局、何が言いたかったかというと、服装指定なんてどうでもいいってことです。
だって、ライターを含むクリエーターは、外見で評価されませんから。
イイモノ作ってナンボの世界です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR