[741] 検索エンジンは、名入り記事の筆者名をそんなに評価しない

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

皆さん、自分の名前で検索したことがありますか?
ライターには「名入り記事」というものがあるので、それこそたくさん出てくるのかな・・・と想像していましたが、実際には違うんですね。
私だけかもしれませんけど、上位には乗ってこないです。

媒体によっても違うのかなと思って、一時、ひらがなや漢字を使い分けていたことがあります。
A社は「河野哲弥」、B社は「河野てつや」といった具合。
これまた、まったく意味を持ちませんでした。

741.gif
名刺も、相手によって使い分けてみましたが、同じく意味なし芳一

「河野哲弥」のトップに出てくるのは、某媒体社の「ライター紹介」のページ。2位と3位が自分のFB。以下、ずっと下って13番目に、自分と関係のある結果が出てきます(Googlの場合)。
その間は、ほかの人でした。

一方の「河野てつや」。
2位に上記と同じ「ライター紹介」のページ、11位にJBPressの同じようなページ。
この後者は、あえてねらったところだったんですが、ひらがな「てつや」をドンズバで表示してくれないんですね。
河野哲也さんという方の結果ばかり、並んでしまうようです。

おそらくですが、いったん記事化してしまうと内容に変化のないことが、検索結果に関係しているんだと思っています。
「ライター紹介」やFBは、記事を書けば、リンク数などが増えますからね。

ということでこの名刺は、Googleに限っていうと、あまり意味がない。
「知りたいと知らせたいを結ぶ」や「YM我報」は鉄板です。山ガハがありますから、ちょっとやそっとじゃ、地位を脅かされないでしょう。
そうなると、名刺は漢字にするべきでしょうか。
その前に、検索する人自体「いない」って話なんですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR