[1301]ホルモンとフェロモン

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

またまた弁護士の話でごめんなさい。
サイト内にあるさまざまな取扱い分野で、「労働問題」というページがあったとしてください。
導入部に来るのが「良くあるお悩み」というヤツで、

退職にあたり、いままで未払いだった残業代を請求したい
仕事でミスを犯し、「あしたから会社に来なくていい」と言われた

なんてことを例示するわけです。
その並びで、つい、こんなことを書いてみたんですね。

「ホルモンはあるのにフェロモンはないね」といった会話が常習化している

速攻、直されました。
セクハラまがいの会話が横行している
になって、帰ってきました。

1301.jpg
某所の打合せスペース、完全な茶濁画像でございます

これ、何を隠そう、実話なんです。
自分がまだ会社員だったころ、リクさんで直接聞きました。
女性の担当者は問題意識をそれほど持っていなくて、冗談交じりに、「こんなこと言われるんですよぉ」なんて笑ってましたが。
あの、それ、やりようによってはセクハラですから。
言った方の見解ではなく、言われた方の意識が問題になるので、要注意です。

そういえば、水曜のテーマは「日本語の選び方」なんですよね。
いままでの流れで、つい似た言葉を選んでしまいましたが、「ホルモン」と「フェロモン」を間違う人はいません。
意図的なリクさんを除いては。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR