[1403]削除された「志村、後ろ、後ろ」

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

現在、連載をしている映画紹介サイト。
8月のテーマは「ホラー映画」だったんですが、このジャンルは唯一といっていいほど苦手でして。
あらすじを書くのに、普段の倍もかかる始末。
ワーナーさんから『エクソシスト』のジャケ写が送られてきた日にゃ、しばらく撃沈してましたよ。

総括みたいな部分も深掘れないので、昔聞いたことのあるホラーのパターンを、丸っとパクらせてもらうことにしました。
それによると、「来るぞ」と思わせておいて「ホラきた、ドーン」っていうのが、お決まりになっているそうで。
これを、生原稿では、

この分野のセオリーは、これから起きそうなことをあらかじめ想像させ、その通りの結果が起きることでした。しかし現代では、「志村、後ろ、後ろ」的な要素より、意外性が問われているようです。

とまとめたんですが、ドリフの部分は削除されていましたな。
まあ、想定しないでもなかったです。

1403.jpg
担当している某サイト。あえてリンクは貼っていません

今後、8月のテーマを振り返る記事が掲載される予定なんですが、ピックアップされたなかで唯一見たことあるのが『スタンド・バイ・ミー』。
純粋なホラー路線じゃない作品が含まれていて本当に良かったです。内容は、思いっきり主題歌に振りました。

歌詞は、
「月明かりしかない夜でも、君がいれば怖くない」
だが、もとはゴスペル(God spell)、つまり福音なので
「神がいれば暗闇でも怖くない」

みたいな内容です。
以前、ゴスペルテナーのインタビューをしたことがあり、これまた受け売り。
もう、完全にホラーなんて、どこ吹く風。
いかにも映画に詳しい人風なことを書いてますが、実際はこんなライターが訳知り顔をしているだけなんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR