[1105]取材対象者と読者の利害を一致させるのがライター

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

読んだ後に何かが残る文を書くには、インタビュー相手から、読み手にとって有益な情報を引き出さなくてはいけません。
オナニーやレイプではなく、メイクラブである必要があります。

得てして取材対象者はガンガン発言してくるものですが、それらはすべて「イイタイコト」。必ずしも「ヨミタイコト」ではないんですね。
ものすごい理念を持って社会的な活動をしている人でも、一般市民との関係性が示せなければ、単に「人ごと」で終わってしまうわけです。
じゃあ、私たちやスポンサーを考えている人は、それに対して何ができるのか。
ここが示せない限り、オナニーやレイプの域を抜け出せないでしょう。

1105.jpg
先日も、このジレンマと戦ってきました

熱いハートの持ち主は、人の心を動かせても、具体的な結果に結びつけられないことがある。
こんなにすごいことをしているんだから、「わかってしてください」「支援してください」では、ダメなんです。

そうではなく、「読者のこういう行動が、回り巡って自分を助けますよ」という文に変換しなくてはいけないでしょう。
入口は支援でも、結果的に本人の利益になる。
それが愛しているということであり、メイクラブだという話です。
これ以上詳しい話は書けませんが、そのうち記事が掲載されたときに、改めてご紹介します。

また、この変換ができていると、媒体元から絶対的な信用を得ることができます。
まず、浮気はされない。
あの人に頼むと、結果が伴う記事ができる。
これ、大切です。

やり方は意外と簡単で、「それ、ボクとどう関係してくるんでしたっけ」という意識を常に持つだけです。
手柄話をそのまま掲載するのではなく、それによって自分がどう変わるのか、どういうリターンが見込めるのかを盛り込む。
そこにさえ焦点が当たり、取材者の気持ちが切り替わればOK。情報を引き出すのは難しいことじゃありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR