[1205]みなとみらいの生みの親、柳原良平氏

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

イラストレーターとして有名な柳原良平氏が、この18日にお亡くなりになりました。
享年84歳。
昨今、「アンクルトリス」がCFに再登場したこともあり、名前だけは知っている方も多いのはないでしょうか。

自分は、直接お会いしたことはないものの、記事で取り上げたことがありました。
それが標題にある、「みなとみらい21」の件です。
同地区の名付け親は、元・防衛施設庁に勤めていた、荒井眞一郎(あらい・しんいちろう)さんという男性。
この方を取材したときに、氏のお名前が出てきたんですね。

1205.jpg
おくやみを報じる、日経新聞の記事

何でも、公募をした段階で有力だったのは、「赤い靴シティ」や「コスモポート」などのカタカナ言葉だったそうで。
それに対し、ネーミングの選考委員のなかで唯一反対したのが、柳原良平氏でした。
いわく「マンションの名前みたい」と一蹴し、荒井案である「みなとみらい21」が採用されたのです。

ですから、氏がいなかったら、みなとみらいは別の名前になっていたはず。
その後開通した地下鉄も、「赤い靴線」なんて呼ばれていたかもしれないですね。

報道によれば、息を引き取ったのは、横浜市内の病院だったのだとか。
それを読んで、「あぁ、浜っ子だなあ」と思いました。
人は亡くなっても、作品や地名は残る。
私が言うのもなんですが、本望というか、他人には経験できない境地に達していたことは事実です。
せんえつながら、同じクリエーターとして、ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR