[1209]野党は本当に安保関連法案を阻止しようとしていたのか

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

見るに堪えなかった安保関連法案のすったもんだ。
実は、野党のなかにも「賛成やむなし」とする議員が多かったのではないかと思っています。
ただ、それを言っちゃうと自分の存在価値がなくなっちゃうものだから、なんとなく「反対の時流」に乗っかっておこうと。
だから、本質的な議論が行われず、時間ばかりが過ぎていったのではないでしょうか。

冷静に考えれば、「誰の子どもも殺させない」からこそ、この法案が必要なんです。
出張や旅行で海外に出かけたとき、現在の自衛隊は自分を助けてくれない。
その国から脱出したくても、民間の移動手段か他国の軍隊に頼るしかない。
与野党のセンセーは政治家なんだから、その辺の事情がわかっているはずですよね。
普通の感覚なら、こうした「本当の必要性」を国民に示して、より良い法案の策定を目指すはず。
なのに、ムリクリ反対しているということ自体が、頭っからおかしいわけですよ。

1209.jpg
特別委員会の様子を「だまし討ち」と報じる、朝日新聞DIGITAL

以前にも書きましたが、個人的には賛成派で、必要なら自衛隊が宇宙に行ったっていいと考えています。むしろ、いまのうちから、そうしたケースを想定しておいてほしい。
ただし、憲法を改正することで対応するのが筋。
なぜなら、後々違憲判決をくらった場合、そうとうなこじつけ作業が必要になるから。
そこにパワーを使うより、事前に同じエネルギーを費やした方が、見栄えは良くなる。

それはそれとして、何が言いたかったかというと、「野党のパフォーマンスが下手過ぎ」ということなんです。
法案を成立させた一因は、野党にもある。
民主党の福山さんなんて、感情にまかせたことを言っているだけで、現実が見えてないものな。
17日の段階で、まだ国会審議を続けるつもりでいました。本心かどうかは知りませんが。

こうした国会の荒れた姿は、かつてお隣の国で良く見られた光景。しかし、そうとも言っていられなくなりましたよね。
民族として未熟なんでしょうか、モンゴロイドは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR