[1309]ここはひとつ、一つ一つを丁寧に

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

1つなのか、一つなのか、ひとつなのかという話。
まずは、いつもどおり記者ハンの講釈を聞いてみますか。
それによれば、「一つずつ」「一つ一つ」「○○の一つ」のようなときには、漢数字を使うそうです。
一方、「いまひとつ」「もうひとつ」のように副詞的な使い方をするときは、原則ひらがな。
つまり、あと一回だけという意味は「もう一つ」で、何かピンと来ねぇなという副詞は「もうひとつ」。
英数字は原則として使わない。

あとですね、人が「一人ひとり」なのに対して、物の場合「一つひとつ」とはならないんですね。
「一つ一つ」でよろしいと。
実のところ、これは知っていました。

1309.jpg
えんまさまの目が1個という場合はどうなのか

気にかかるのは「○○の一つ」。
数字が意味を持つときには漢数字ですよと。
だから「one of ○○」の場合、一つが正解だと。
これ、ちょっと違和感がないですか。

なぜかというと、「ひとつめ問題」というのがあるからです。
項目を順に挙げていくとき、一つ目、二つ目は侮蔑につながるとして、ひとつめ(ひとつ目)、ふたつめ(ふたつ目)が使われます。
正確に言うならワーディングを変えて、1点目、2点目とするべきでしょう。みっつめになると幼稚っぽくなるからです。
それはそれとして。
この問題があるので、項目がらみのケースでは、無意識にひらがなを打ちたくなるんですよね。
一方で、あまり使わないですが、「○○の二つ」は二つだという気もします。

○○をやめて、具体的な言葉をはめ込んでみましょう。
決断力は、経営者に必要な素質の「ひとつ」。
いまでも使われているのは、赤と青の「二つ」のみ。
前者は、厳密に数字を意識していないですよね。その証拠に、「のみ」がなじまない。
ところが、後者はそうじゃない。

結局は編集に直されちゃうんですが、任せてくれるところなら、場合によって「ひとつ」を使ってもいいんじゃないでしょうか。
これは個性なので、正解という話とは違うんですが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR