[756]母校ならぬ、母園を訪ねて

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

この間、埼玉県の越谷に寄る機会があり、かつて総代を務めた「萩原幼稚園」に立ち寄ってみました。
思ったより駅近だったんですね。
そう思って昼飯を食べたお店に聞いたところ、10年ぐらい前に、現在の場所へ移転したのだとか。
でも、何となく当時の雰囲気を残しているような気がしました。

756.jpg
連休中だったので、防犯カメラとかに写ったんじゃなかろうか

記憶の限りでは、中庭に送迎バスが発着していたはずです。
そこから見上げた園舎の姿は、確かに、こんな形をしていたと思うんですけどね。
もっと砂ぼこりが舞っていたような気もするし、記憶にモヤがかかっているのかもしれない。

そんななか、お守りを分解した思い出がよみがえってきました。
あれは、バスの発車間近のこと。突然、おしっこに行きたくなったんですね。
授業時間は終わっていますから、当然、園舎にはだれも残っていないというシチュエーション。
いましかできないことをやってみようと考えた結果が、なぜか、そんないたずらでした。

当時住んでいた場所も確定してこようと思って、事前に地図を調べていたんですが、そこまではさすがに無理だったようです。
住所をソラで言えるように仕込まれていて、「宮元町5丁目」までは覚えていたんですよ。
家の裏にはドブ川が流れていたはずです。そこに落ちましたから。
大きな田んぼを挟んだ道路沿いに、消防署のような施設もあったはずです。
枯れた田んぼに火を付けたことがあって、署員にこっぴどく怒られましたから。

以上の記憶から「おそらくこの辺」という候補地がいくつか見つかったんですけど、いずれもどこかが違う。
いかんせん、周りがほとんど田んぼだったのに、いまでは住宅で埋め尽くされていますからね。
農地の真ん中の大きな木、「スティングレー基地」と名付けたあの遊び場は、もはやシナプスの中にしか存在していないのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR