[1111]朝昼夕、それぞれの能力を使い分ける

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

家でずっと仕事をしていると、時間によって向き不向きの作業があることに気付かされます。
「知らないうちに数時間没頭できたな」って時もあれば、全然メケメケで30分と続かない場合もある。

ヒントや着想がひらめきやすいのは、何といっても午前中ですね。
そのうちおなかがすいてくると、いてもたってもいられなくなる。
昼飯を食ったら食ったで、全然ヤル気がおこらない。
そんなことをしていると、いつの間にか集中してキーボードたたいてる。
これらには一定の傾向があるようなので、何となくグラフにしてみました。

1111.gif
朝9時からスタート、夜8時までの12時間計です

「瞬発力勝負」の時間は、リサーチや構成に充てるのがいいようで。
コーヒーでも飲みながら、あーでもないこーでもないを、楽しみます。
前夜に上げた原稿を見直すのも、このタイムゾーン。

「だらだらタイム」は、どうせやってもハカがいかないので、短時間で済む作業が中心。
スケジュールの切り直しとか、撮ってきた画像の選択とか。
全くもって生産性がありません。半ばあきらめの境地。

原稿を本格的に仕上げるのは、「持続力勝負」の時間。
ここ、なぜか途切れないんですよね。
この時間が効率的だと言うライターは、私以外にもいました。ちなみに、某メディアのクドーくんです。

「瞬発力勝負」で構成ができあがっていると、「持続力勝負」が楽。
逆に、持続力が持つ間は、アレコレと考えて時間をつぶしたくない。
一見、執筆時間が限られるようですけど、分けた方がかえってスムーズな気がします。

もちろん、取材が入っている日だと時間割が狂っちゃうんですが、そこまで原理主義者じゃありません。
サラリーマンのときは気付きませんでしたけど、いろいろな能力が個々最大限化する時間帯って、多かれ少なかれ存在するんじゃないでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR