[1312]自分とじぶん

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

先日、自分を「じぶん」と表記している記事がありまして、びっくりしました。
インターネットで検索してみると、少数派ながら、全くいなくもなくもない。
記事本文ではありませんが、「じぶん銀行」とか「じぶん年金」みたいなサービスも出現しているようで。
確かに、「自分銀行」「自分年金」と比べ、あたりの柔らかさを感じますよね。
そのうち、「じぶん探し」などにも使われていくのでしょう。

1312.jpg
さて、じぶんはどこに隠れているでしょうか?

もともと、記事本文に使われていたのを発見したわけですから、固有名詞に限った現象ではありません。
無作為に列記してみると・・・

「じぶんがやりたいこと」に目を向ける
じぶんの見込みの甘さを
パートからの挑戦~第二のじぶん人生

などなどです。
これらのように、myself 的な意味で使うときは、ありっちゃ、ありという気もしますね。
一方、本人という意味の場合。つまり、「ご自分で」とか「自分から」などは、漢字がふさわしいように思います。
「ごじぶんで」「じぶんから」だと、一瞬、何のことだかわからないでしょう。

自分自身、じぶん自身
自分勝手、じぶん勝手
自分の首を絞める、じぶんの首を絞める
自分が悪者になればいいんでしょ、じぶんが悪者になればいいんでしょ
自分で言うなよ、じぶんで言うなよ

こう見てみると、「じぶん」+「漢字を伴う名詞・連用形」に限って、相性がいいようです。
じぶん探し、じぶん磨き、じぶん専用、じぶん枕
カタカナはどうでしょう。
じぶんメニュー、じぶんベッド、じぶんハブラシ、じぶんカレンダー
何だか、おこちゃま用のマニュアルっぽい雰囲気になってきました。

ただ、いずれそうなりそうな気配はあるんですよね。
こういうときにアレルギーを起こすと「ただの頑固な年寄り」になってしまうので、じぶんを戒めるようにしないといけません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR