[1215]安倍川を きな臭いとす 黒田餅

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

日銀の黒田総裁は、流通するお金の量を増やす追加緩和に「待った」をかけました。
物価上昇率を目標とする2パーセントに届かせるより、インフレ加重のリスクを取ったみたいですね。
食品の一部が値上がりしているようだし、放っておいても成長するだろうと。
むしろ、円が増えすぎて円安になることの方が怖いと。
たぶんですけど、そういうことみたいです。

この動きを発表前から見通していたのが、慶應義塾大学のK准教授。
追加どころか永遠にないと、断言しておりました。

1215.jpg
K氏による、発表前日の『東洋経済ONLINE』

だいたいの要約。
「金融緩和の目的は、数値管理にあらず、日本経済に好循環をもたらすことである。2パーセントに届かなくても、成長しているならいいじゃないか」
とのことですな。

まあ、的中したんですからヨシとすべきなんでしょう。
でも、消費税の増税ってドコ行ったんでしたっけ。
10パー引く8パーが、2パーってことでは。
つまり、K氏と黒田総裁は、増税を既定路線としていないんですね。たぶん。
もしくは、そんなに急いでやらなくてもいいじゃんと。

安倍川を きな臭いとす 黒田餅
 十(重)に詰めども、膨らみもせず

一方、政治的というか予算的な話でいうと、福祉の負担増によるプライマリーバランス問題が避けられないわけです。
年度予算、そろそろ大詰めなんですけどね。確か、8年ぶりのマイナス改定と聞いています。

なんかこう、政治が全然見えないですね。
国民が不在で、後出しジャンケンばっかり。何がどうなっているのか。
野党はおおさかで維新してるし、与党を信頼すべきかどうかもわからない。
いずれにしても、やっちゃってから「国民に丁寧なご説明を」で、議席取ってから烏合離散なんですけど。
「だったら、選挙しなくていいじゃん」とか思いませんか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR