[1415]あらすじなのに映画評を語る、きょうこのごろ

~記事はどのようにして作られるか【取材現場の裏話】~

11月のテーマは「サスペンス映画」でした。
何のことだかわからない方もいるでしょうが、「仮に」某家電メーカーのサイトで、映画紹介をしているとしといてください。

降ってきたタイトルは4つ。
うち2つは見たことがなくて、恥ずかしながら「ダークナイト」というシリーズがあることを、初めて知りました。
ジャケ写が「こうもり」じゃなかったことにビックリ。
紹介文にも書いたんですが、もはや「善と悪」の二元論ではなくて、第三の主人公さえ登場する。
もはや「ヒーローって誰なんだ」の世界観が、メイングラフィックに表れていると思うのです。

1415.jpg
そのうち、怒られるんじゃないだろうか

そんなことにショックを受けまして、まずこの作品から、あらすじを書いていくことに。
ところが、200字っていう文字制限が中途ハンバで、単にストーリーを書いても「つまらなそうな映画」になっちゃうんですね。
ウソだと思ったら、やってみてください。

そこで、見どころを中心にして余計な文字をそぎ落としていったら、何だか映画評みたいになっちゃいました。
下に続く各あらすじと、明らかにトーンが違いますよね。
その上で11月のリードを作っていったので、ここの部分には「ダークサイト」の残り香がこもっています。

で、このリード。
冒頭の「あぶり出してみましょう」と、〆の「空けているでしょう」がかぶっています。
本当は、「空けているかもしれませんね」にしたかったものの、文字制限が飛び出てしまいました。
「でしょう」だと、ぴったり200文字なんです。
だからどうだという話ではないんですが。

結論からすると、映画評でもいいみたいですね。
実は、「他のライターとはちょっと違うコトが書けるぞ」みたいな色気がありまして、ねらっていなくもなくもないんです。
それに・・・肝心の映画、見てないし。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR