[763]同じ具で麺類の味変

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

例えば、ホーレンソウ。
一束買ったとして、どれぐらいでしょう、おひたし5回分ぐらいになるんじゃないですかね。
独り暮らしの食事は、同じものが一週間続くんです。

そこで必要とされるのがバリエーションの妙。
例えば、
・ホーレンソウのおひたし。
・ゴボウとニンジンのキンピラ。
・オカヒジキとエノキのからしマヨあえ。
から随時2品。
プラス野菜サラダと、納豆か焼き魚。
これなら夕飯も、一応6種類になる道理です。

では、昼飯なら。
自分の場合、具は統一しておいて、味付けを変えています。

763.jpg
イタリアンの例。要はナポリタンのケチャップ抜き、ラー油をかけてどうぞ。

パスタの例を出してみましょうか。
ストレートに「ナポリタン」。
顆粒ダシとしょうゆ、みりんあたりで「和風」。
中華だしメインで「イタリアン」、またの名を白ナポ。
カレーのルーを1かけら溶かして「インデアン」。
コンソメの半欠けとソースで「やきそば風」。
コンソメ半欠けとトマト缶で、そのまんま「トマトソース」。
具は、タマネギ、シメジ、ピーマン、ソーセージ、ナス、ブロッコリーなどからお好みで。
そんなところですかね。

ラーメンは、3食パックを2種類買って、汁系とつけ麺タイプで違いを出します。
具はそんなに奇をてらわないですが、鮮魚コーナーに「アラ」があると、しょうゆに合いますな。

うどんかそばの場合。
具は、焼きうどん系に行く場合と、天ぷら系で違ってきますね。
単純につゆと具。
焼きうどん、ソース、しょうゆ、ケチャップなどの味変アリ。
もりとかき揚げ。

最後はやきそば。
具は、キャベツ、ニラ、モラシ、ニンジン、ジャガイモ、シイタケあたりでしょうか。
ノーマルと塩の味変。
あんかけ、和風と中華あんの味変。
広島風お好み焼き。
など。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR