過剰な丁寧コトバより、あ・うんのタメ語

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

フリーになる前は「業者の社長連中って、なんでみんなタメ語なんだろう」と思っていましたが、立場が変わると、知らぬ間にそうなるものなんです。
これ、なぜなんでしょうね。
スーツを脱ぎ、中身で勝負しているからでしょうか。
メールとかは別にして、現場では、あまり敬語を使っていません。

「これだもんなぁ、結局いつもと変わらないじゃん」
「そうなるとさ、結構かぶるよ。ココとココとか。メリット出しと肩押しコンテンツが同じになってくる」
「重めのコピーっていうけど、全てを出しちゃわないというか、コピーの先を読者に想像させるっていうか。そういう意味でいいわけ?」

意外とスタッフの求心力が高まったりするので、一応の効能みたいなものはあると思っています。

1119.jpg
以心伝心、あ・うんの呼吸という、茶濁画像でございます

また、カメラマンとも話が早くて済むし、その場の思いつきですぐ画が作れる。

「この地図さ、日本を中心に被写界深度浅くして撮れないかな」
「ナナメで撮って、トリミングで北合わせにすると、いい絵面になるかもね」

つまり、アドリブが効きやすいってことですね。
丁寧な言葉遣いが悪いとは言ってませんが、バカが付くようだと、「メンドクセーな、コイツ」って思っちゃう。
第一、職人というか、プロっぽくない。
あっ、自分で書いていて気付きましたが、結局、ソコなのかもしれないですね。
40代後半だからこそ許される「年の功」みたいなところがあるので、許されるのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR