[1326]喫茶店で書いた原稿比較

~正解なんてない!日本語の選び方【文章作成のコツ】~

取材、じゃなくてもいいけど、打合せの間が「4時間空き」だったらどうします?
家に帰ってもイッテコイだし、なかなかどうして微妙ですよね。
そこで、関内のルノアールを利用させていただきました。
あそこ、4時間程度じゃ怒られないし、電源が使えるので原稿を作れちゃうんです。
「スタバが第二の事務所」という人もいるみたいですが、なんていうか、カフェだとお尻が落ち着かないんですよ。
ザ・喫茶店が一番。

1326.jpg
ルノアールとは関係ありません、完全な茶濁です

さて、本題。
不思議なもので、作業をやっていても、言い回しがイマイチしっくりこない。
とりあえず入れ込んでおいて、家で見直す必要があるなと。
今回は、その比較です。

ル) 遺留分への考慮は、ケース・バイ・ケースで進めましょう。
家) 遺留分への考慮は、「必ずやっておく」という性質のものではなく、遺族間の人間関係によって流動的に対応する必要があります。
・・・「ル」だと、何のことだかわからないですからね。

ル) この場合でも「相続放棄」が認められる場合があります。
家) この場合でも「相続放棄」を認められる余地があります。
・・・「が」と「場合」のダブリです。

ル) こうしたケースでは、「1円たりとも引かない」という解決が事実上不可能です。
家) 「1円たりとも引かない」という対決姿勢が濃厚になると、合理的な解決が難しくなってしまいます。
・・・言い切りを避けました。

ル) 話し合いの中で、法から離れて事情を訴え、人的解決を図った方がスムーズかもしれません。
家) 話し合いの中で法から離れて事情を訴えた方が、結果としてスムーズかもしれません。
・・・句点の位置が主述ではなく、息継ぎの間になっているケース。よくやっちゃいます。

キリがないのでこれぐらいにしておきますが、ベースを打ち込んでおく分には問題なさそうです。
ただ、やっぱり荒れますね。
あくまで4時間とかの例外的な対処にとどめたいところ。
事務所には一も二もありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR