[1128]誤表記を減らすヒント、テキストを見直す回数

~ライターとか、やってます【文章で食べていく方法】~

どんなに名作が書けたと思っていても、翌日見てみたら、それほどでもなかったりするわけで。
こうした現象を、「ラブレターシンドローム」と呼んでいます。
なので、自ら校正する場合は、必ず日を挟むようにしたいものです。

ちなみに自分の場合、納品ベースでの誤字脱字は、5000字に1文字といったところなのではないでしょうか。
表現内容の再考とかではなく、純粋なミスの話です。
このぐらいの精度を保てれば、優秀なライターとしてフィーが上乗せされることもあります。
で、実際に何回見直しているかというと、実は「3回」。
これには、ちょっとしたコツがあるのです。

1128.jpg
あまり良い茶濁が見つからなかったもので

1回目は、誤表記にこだわらず、読みにくい言い回しなどを直します。
問題は2回目。
媒体社が指定する表記や、過去に修正されたカナ送りなどがあったら、きちんと記録しておきましょう。
それを、ワードの検索や置換機能でなぞっていく。
ちなみに、弁護士のサイトは、こんな感じです(媒体社ごとに違うので、一般則ではありません)。

【検索する文字/媒体社の指定表記/間違いの例】
申/申立て/申し立て
掛/売掛/売掛け
差/仮差押え/仮差し押え
明/明渡し/明け渡し

【置換する文字/媒体社の指定表記】
いい/良い
よく/良く
下さい/ください

ここまでは、だいたいその日のうちにやっちゃいます。
3回目を翌日朝にやって、そのまま納品。
これで、5000分の1ぐらいまで精度を高められるんじゃないでしょうか。

ポイントは、過去に直されたログを取っておくこと。
逆に、それをひっくり返されたりすることもあるんですが、そんなときは堂々と「気分で直すな」と言ってやりましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR