[1230]オープンイノベーションと「はてな」の違い

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

7日に見かけた朝日新聞の副読紙『GLOBE』のなかで、「OI」というコトバが取り上げられていました。
「オープンイノベーション」、つまり、広い範囲からアイデアを募りつつ新しいことを始めようという試みのようです。
似たようなものに「オープンリソース」がありますが、これは、与える側と使う側が直列に並んでいる構図。
対するOIは並列。
失敗例を知っておけば避けられるだろうし、魚の目でしか見えない景色もあるだろうと。
なるほどね。
もう少し詳しく知りたくて、ニュース検索をかけてみました。

1230.jpg
フリートークのアイデアマラソンといったところか

同記事の中では、アメリカの特許ウンヌンと接着剤ウンヌンの部分が、OIということなのでしょう。
ただし、「アイデアを・・・プレゼンテーションした」という表記になっているんですね。
本文中には「オープンイノベーション」というコトバが出てきません。
何なんでしょうね、OI。
まあ、根拠を伴った「科学的な発言」という意味で、ブレストとは違うのでしょう。
「産学連携」や「産官学」のことかなとも思うんですが、もうちょっとシビアなツッコミ合戦というニュアンスがあるようです。

そうなると、「はてな」とか「教えてgoo」とは何が違うんでしたっけ。
信頼性という部分は置いておくと、ひょっとして、アレでいいのか。

うーんと、じゃあ、逆に理想像から追ってみましょう。
まず一つは「お見合い型OI」というのがあると思うんですよ。最初から意中の人とドッキングする方法。
もう一つは「詰め合わせ型OI」。何が入っているかわからないけど、おおむね望みがかなう。
この後者がパッケージになっていたら、使いでがいいと思いませんか。
科学、宗教、医師、弁護士、文化人、行政、政治家あたりの専門家がユニットになっていて、何でも相談できちゃう。

そうなると、結局「専門家はてな」なんですな。OI。
あれ、見ていて意が通じてなかったり、見当違いの方向へ走ったりするじゃないですか。
OIにライターも入れておいてくれていいけど。橋渡しとして、ちゃんと意思疎通ができる文章作るけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR