[1236]選挙って、何を選べばいいんでしたっけ

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

自民党の代議士が「巫女さんのくせに何だ」と問題発言した件。
「くせに」の部分が侮蔑的だから、各紙で大きく取り上げられているのでしょう。
でも、ことの本質は、巫女さんを夜の札幌へ連れ出そうとしたことですからね。
議員にあるまじきエロオヤジ、下心満開の春、そっちの方が問題じゃないのかな。

それに対し、派閥のボスが厳重注意をしたと。
慎めと。みだりにチャック降ろすなと。
こう考えると、おかしくなってきてたまらないんですよ。
「くせに」のトーンなんて、もはや、どうでもいい。

1236.jpg
自分にはセクハラ報道に映る、東京新聞の例

それに、もっとひどい発言が、自民党にはあります。
つい先日、阿倍さんは、「改憲するかどうかは、選挙が終わってから決める」と言い放ちましたよね。
方針や公約を掲げて市民の声を問うのではなく、力を握ってから、どうするのかを牛耳る。
もはや、選挙を否定しているじゃないですか。
巫女さんをたぶらかしたなんて、軽い軽い。だって、相手は一人だもん。
阿倍さんの場合、一億人をたぶらかしていますからね。

野党は野党で、投票した党と違う団体になっちゃってる。
「基本的な要項はすり合わせてあるし、変わっていない」なんて言っていますが、貸したお金を違う事に使っているようなものでしょ。
聞いてないって。
加えて、違憲判決の問題もありますよね。
でも、国民の義務だから、タテマエでは選挙を拒否できない。

おかしいでしょ。
せめて、党名じゃなくて、個人名だけで投票できたら、ある程度一貫性が保てるんじゃないかな。
もちろん、コウモリのような人物は票を集められない。
逆に、大西議員のようなエロオヤジでも、一部のファンに支えられて当選する可能性がある。
でも、それはそれで民意が反映されていることになりますから、いいのではないでしょうか。
「オレの役回りはコレだ」と、ボスなんか気にせずにチャックを下げていればよろしい。
話が簡単じゃないですか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR