[1238]格差のない社会、「赤くなれ」ってことですか

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

「国が何をしてくれるのかではなく、国のために何ができるかを考えよう」
と言ったのは、ケネディ大統領でしたっけ。

朝日新聞の世論調査によれば、18歳から19歳の3000人を対象としたアンケートで、「収入格差がいきすぎている」と回答した人の割合は約6割。
政治に対する要望も「契機・雇用」が7割超とトップを占め、見かけの求人倍率推移とは裏腹の、リアルな現実が浮き彫りになりました。

うがった見方をすれば、「才能や学歴のある人ばかりがもうけるのはダメ、オレらにも機会と金をよこせ」ということなのでしょう。
先日の、書くことがためらわれるような「保育園発言」も含め、自由社会を否定するような言動が目立ちますよね。
加えて、安倍首相も「1億総活躍社会」をうたっている。
社会主義化しようとしているんでしょうか、この国は。

1238.jpg
ツバメのヒナを連想させる、朝日新聞デジタルの記事

いままでこのアンケートは、二十歳以上の有権者を対象にしていたとのこと。
それが変わったのは、「成人の線引きをどこにするか」というギロンが関係しているのでしょう。
でも、クチバシを開けてピーピー言っているだけのひな鳥には、少し早すぎるんじゃないかな。

実は、このことに関係して、おもしろい見方があるんです。
離婚時に請求できる金銭のひとつ「養育費」は、子どもが「成人」するまで支払われますよと。
ところが、この「成人」の定義について、民法は数値を定めていないんですね。
この先、温情的な解釈が進む余地はあるのだけれど、政治と連動するなら「十八歳」ということになるのでしょう。
オトナになるということは、そういうことなんです。
「できることが増える」んじゃなくて、「しなきゃいけないこと」が増えるの。
いつまでもピーターパンじゃ、いられないの。

それが自由主義のはずだったんですけどね。
ケネディの演説も、この点が握れていないと、意味を持たなくなってくる。
アゲル人がいるからクレという人が成り立つわけで、みんながクレになっちゃったら、税金払うのがバカバカしくなってくる。
あの投稿そのものが、自分を否定しちゃってるんだけどな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR