[795]9割が眠っているという脳は、眠っているときに起きている

~フリーランスライターがつづる、人生を楽しむヒント~

朝方のうつらうつらした状態で、こんな体験をしたことはありませんか。
まず、起きた直後って、夢の内容を覚えていますよね。
「あのバナナ、実際うまそうだったな」とか。
でもって、「これから、朝にフルーツでも食べようか」なんて考えたとしてください。
で、おしっこ行って帰ってくる。
すると、「これから、朝にフルーツでも食べようか」は覚えているのに、きっかけになった果物のことが思い出せない。

または、寝に入った直後。
「あっ、これ、見たことある夢だな。とりあえずタクシーに乗るんだよね」ってな感じで覚えているのに、起きたときには、何の夢だか忘れている。

あるいは、すっかり忘れていたことが、夢をきっかけにしてよみがえってきたりする。
「そうだ、小さいころにケンちゃんって呼んでた子がいたぞ」みたいな。

795.jpg
絡まった夢を解きほぐす的な茶濁でございます

こうした現象を良く考えてみると、脳が二つあるとしか思えないわけです。
夢を見るときに使う脳と、起きているときに使う脳。
しかも、両者は、ほんのわずかにつながっている。
だから、起きた直後でも、夢を覚えていられるんじゃないかと。

この説に従えば、「脳っていつ休むの」という疑問にも、答えが出せちゃうんです。
二つ、場合によってはそれ以上の脳が、交代で休んでますよと。
また、データの移動が不十分ながらも可能なので、随時、メインメモリーの空き容量を増やせる。
ときどきフラッシュバックが起きることも説明可能。
それは、Eドライブに収納していた「ケンちゃン」が、何かの拍子でCドライブに戻ってくるからなんです。

良く、人間の脳は、9割が眠っているといわれますよね。
あれ、比喩としては、かなり要点を付いていると思います。
ただし、使われていないという意味じゃなくて、眠っているときに使っている。あるいは、バックアップデータのしまい場所になっている。
そういうことなんじゃないかなと、バナナを食べつつ思いつきました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR