[1251]マタハラの法整備、いまだ妊娠中

~その記事、論点ズレてませんか?【ニュースの視点】~

8日の読売新聞で1面トップを飾ったのは、
「マタハラ懲戒 就業規則に」
という記事でした。

妊婦が受ける不当な扱いを防ぐため、「必要な措置」を講じるよう、行政指導していきますよと。
これを前進と見るか否かについては微妙だと考えていて、ある意味、停滞という見方も可能だと思うんですよ。
なぜなら、「マタハラ法案」みたいなものを成立させず、企業の就業規則に任せてしまうわけですよね。

就業規則というのは、当たり前ですけど、法に定められていない外堀を埋めるルールです。
わかりやすい例でいえば、服装規定とか、支給される定期代の上限とか。
少なくとも、労働基準法のダイジェストではない。
もしそうだとしたら、『六法全書』を置いておけば事足りるわけで、別途、就業規則を決める必要なんて、どこにもありません。

1251.jpg
『YOMIURI ONLINE』 全文を読むには登録が必要です

それに、行政指導というのは、強制力を持たないじゃないですか。
また、国と企業という「縦関係」がクリアにできても、企業と従業員の「横関係」は別。
おそらく現場の事情によって濃淡が起きますよね。
成文法になっていないということは、属人性を認めるということですから。
したがって、停滞という見方が成り立つわけです。
もし、この状況を突破したいなら、判決をもらっちゃうことですね。
それにより、ある程度ですが、成文法と同じ効果が望めます。
これが事実上の出産になるのかな。誰かが議員立法すれば別ですが。

選挙では育児・介護も論点となり得たのに、反応した政治家がいませんでした。
皆さん、お仕事で忙しいですからね。
無理もないのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お仕事のお問い合わせ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

てつまる

Author:てつまる
神奈川県を中心にフリーで活動しているライターです。
超IT系を除き、医療・各士業・経営者・アスリートへの取材、アーティストプロモート(情報発信)、イベントレポなどを手がけています。

最新記事
カテゴリ
お世話になっているサイト様
最新コメント
最新トラックバック
コトバカウンター
special thanks to
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR